お問合せ・資料請求
国土交通省所管「NETIS」掲載ページ【タンクタイガー】

⇒公的データベース情報一覧

ラピッドSSLでサイトの安全性を証明
このサイトはRAPIDSSLで安全性が証明されています。
株式会社 エコアドバンス ジャパン > バッテリー再生触媒「BAT」

バッテリー再生触媒「BAT」

【大幅なコスト削減】【鉛排出抑制による環境負荷低減】を実現

鉛バッテリーの長寿命化&再生触媒 BAT

バッテリー再生触媒「BAT(バット)」は、鉛バッテリーの長寿命化と再生のためにカーボン技術と、新開発「酸化還元触媒」の複合技術から開発されました。劣化要因の80%以上を占めるサルフェーションの還元そして、電位差を利用したセル電極へのコーティングを行います。「BAT」はその効果を長期間維持できます。

 

【BAT】 製品詳細

【BAT】 特長

BATを弱った鉛バッテリーのセルに投入するだけで、簡単に自社で再生作業が可能な製品です。門から表に出さずに再生可能な「リデュース」を可能としました。弱ったバッテリー電極に堆積固着したサルフェーションを溶解後、電極板をカーボンコーティングすることで、再生効果が長期間維持できます。

バッテリー電極が損傷していない新品状態からBATを使用する方が、バッテリー寿命は長くなります。

 

【BAT】 導入メリット

BATには、5つの大きな導入メリットがあります。コスト削減効果はもちろん、CO2削減、大気汚染物質排出削減、希少金属使用抑制、鉛排出抑制にも大きな効果を発揮します。

【BAT】 導入事例

大手食品メーカー・フォークリフトBAT使用2ヶ月後の蓄電池点検では、バッテリー液比重が1.190から1.300に上昇しました。その後の聞き取り調査で12年間利用されていることがわかり評価を頂きました。。(バッテリーの状態によって期間に違いはあります。又物理的な障害があるバッテリーは再生できない場合があります。)

【BAT】■ 見積もり・お問い合わせはこちらです。■

■BAT導入の概算費用をお見積もりいたします。お気軽にお問い合わせください。お見積もりのご用命にあたっては、以下のページから所定の申込書をダウンロードいただき、必要事項をご記入の上お申し込みください。■もしご不安をお持ちでしたら、弱って動きにくくなったバッテリーを探してください。比重さえ1.2以上あり、液色の汚れ、ケースのふくらみ、電極の破損さえなければ、復活可能です。リスクなくテストが可能です。

☆食品工場、流通倉庫、閉鎖された労働環境では、大気中のCO一酸化炭素の排出問題や、大気中に分散した微粒子が、気管を通して人体に与える影響が大であることから、バッテリー式のフォークリフトを使うことが義務付け、あるいは推奨されています。☆