• 触媒技術で地球温暖化防止に貢献

燃料活性触媒「タンクタイガー」でコスト削減

ボイラー燃費向上20%で、CO2、COも削減!

タンクタイガーPS-1Bが【省エネ燃焼】+【エコ燃焼】を実現します。

タンクタイガー

重油、灯油、ガソリン、軽油などの炭化水素系液体燃料を完全燃焼させる、活性化触媒「タンクタイガー」が、コスト・CO2削減のお手伝いをします。さまざまな業種での導入事例・実績を持つタンクタイガーシリーズの導入を、ぜひご検討ください。

削減のメリット

<使用例>

燃料 ⇒ A重油

燃料使用量 ⇒ 年間3,000KL

削減率20% ⇒ 600KL

単価 ⇒ 75円

CO2係数 ⇒ 2.71kgCO2/L

A重油1日10,000L使用するY工場での導入効果

 年間燃料使用量 約45,000,000円削減
 年間CO2排出量 約1,626,000kgCO2削減

導入事例

タンクタイガーは、さまざまな工場、大規模ホテル、温泉、大学病院やビニールハウス等での導入事例・実績があります。

➡タンクタイガー導入事例

タンクタイガー

【省エネ燃焼】でこんなにコスト削減

タンクタイガーは、重油、灯油、再生油のランニングコスト(燃料費)を大幅に削減します。しかしそれだけではありません。燃料使用量の削減に伴いCO2と大気汚染物質を削減します。また、現在タンクタイガーの触媒としての特長のひとつとして「一度投入すると燃料の品質を安定して長期間その品質を保つ(酸化し難くなる)」という性質を生かし、備蓄燃料の品質改善・長期間の備蓄に役立てる事が可能です。

➡タンクタイガー導入メリット

タンクタイガー

環境に配慮した【エコ燃焼】を実現(CO2、CO、NOx、SOx削減)

省エネやCO2削減のひとつの解決策として、弊社液体触媒を採用されるお客様が増えています。PS-1B&T,Cが、お客様の地球温暖化防止、CSR構築ISOの取り組みをサポートします。

➡タンクタイガー エコ燃焼について

タンクタイガーの原理

PS-1シリーズは燃料を燃えやすく改質する触媒です。燃料を構成する炭素が大きな分子の塊から細かい小分子に変化させると、燃料分子は今までより酸素分子と混合が促進されます。燃焼の質が改善され、ボイラー内部の燃焼環境が向上すると、その相乗効果で燃費が大きく向上します。悪くなる原因として、液体燃料はタンク内で大気と混ざり、酸化するからです。それは液体燃料のそもそもの性質で酸化(燃焼)しやすくなっているからです。酸化が進むとバクテリアの発生もあります。様々な悪循環が未燃焼物質(不飽和炭化水素)スラッジを増加させます。燃料が微細化すると密度が増加し、その変化は密度計、比重計でも捉えることが可能です。

➡タンクタイガーPS-1Bの原理

➡タンクタイガーPS-1Bの品質証明

タンクタイガー

自動車、船舶の燃費改善にもタンクタイガーが有効

ガソリン、軽油、重油、灯油にはPS-1シリーズをご利用ください。パワー不足の改善やDPF・DPD・DPRなどの排気ガス浄化装置のフィルター詰まりの低減にも効果的です。

➡タンクタイガーシリーズ

タンクタイガー

NETIS

国土交通省所管「NETIS 新技術情報提供システム」に【タンクタイガー】が(2020年まで)掲載されました。

国土交通省が新技術の活用のため、新技術に関わる情報の共有及び提供を目的として整備した、新技術情報提供システム(New Technology Information System:NETIS)は、国土交通省のイントラネット及びインターネットで運用されるデータベースシステムです。

➡タンクタイガー掲載ページはこちら

➡タンクタイガー掲載内容印刷用PDFはこちら

よくあるご質問

「PS-1シリーズの影響でボイラーは傷まないのですか」「PS-1シリーズで火炎温度はどれくらい上がりますか」など、よくあるご質問を集めました。

➡タンクタイガーPS-1Bのよくあるご質問

タンクタイガー

タンクタイガーについてのさらに詳しい情報

弊社までお問い合わせください。

電話番号:03-5817-4230

(受付:平日9:00~17:00)

Email: info@ecoadvancedjapan.co.jp


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。