• 触媒技術で地球温暖化防止に貢献

燃料使用量が2008年同月比26%も削減。

一日の燃料使用量が2,800リットル / 日から730リットル /減少、重油価格@70円では51,000円 / 1日の経費削減です。
ビジネスホテル料金換算で約8部屋分となります。

a_photo1.jpg

こんな液体が効くのか
でも、ことわる理由はない、やってみましょう

「ボイラーの燃焼効率がこんな液体で変わるのか」と最初はご担当者も半信半疑でした。

でも導入リスクがほとんどないことから「ことわる理由はない。やってみましょう。」という回答をいただき導入をスタートしました。
タンクタイガーを燃料タンクに投入して20%の燃費向上結果が出ましたが、ちょうどその時期にボイラーの定期点検があり、この数値は点検時の調整効果ではないかとのご意見が上がりました。

効果検証のため一ヶ月間タンクタイガーの使用をストップ、予想通り燃費が20%下がり元に戻ってしまいました。

現在ではタンクタイガーの使用再開いただき、09年12月は昨年同月比で燃費向上65%をマークしています。

この時期、融雪装置も作動させるため燃料が余分にかかりますが、燃料使用量が950~1,200リットル / 日で収まっているのは驚異的、とのことでした。
この効果にご納得いただき、現在グループでの全体での導入に向けてご準備いただいています。

-有限会社プライム 菊地さん-

導入データ

客室数:500
ボイラー、空調用チラーユニット、融雪装置にてタンクタイガーPS-1Bを使用

導入経緯

Aホテルでは、燃料費削減のため、さまざまな設備投資をされてきましたが、いずれも継続的に削減効果が得られていませんでした。特に、冷房用のチラーユニットは燃焼効率アップの細かな調整が難しく、効果のある対策を探しておられました。

導入の決め手

・「液体を重油タンクに入れるだけ」という取り扱いの手軽さ
・特別な設備投資が不要
・ランニングコストの安さ
・効果が出なければ導入をストップできるため、コスト面での導入リスクがほとんどない

導入結果

燃費向上率 65%
08年12月 2,800リットル / 日 → 09年12月 950~1,200リットル / 日
・タンクタイガーを使用するだけで燃費向上率20%。タンクタイガーの効果に沿ってボイラー調整したことで65%向上。予想以上の燃費向上効果が出た。
・昨年同月より客数が増えているにも関わらず、燃料費が大幅削減。
・冬季は融雪装置を使用するため、特に燃料使用量が増えるが、950~1,200リットル/日で収まっているのは驚異的。
・燃費向上効果が継続している。

導入した製品・サービス

・タンクタイガー PS-1B

・ボイラー調整サービス タンクタイガーの燃焼効率を最大限に活かすボイラー調整を行うサービスです。

資料をお送りします

実際に計測したデータも含めた導入事例をご紹介した、「タンクタイガーPS-1B(重油用)」の資料をお送りしております。