• 触媒技術で地球温暖化防止に貢献

総合病院は手術回数に比例して蒸気の使用量も増えます。

夏場は湿度も80~90%と高く、燃料がスラッジ化しやすい季節です。

タンク内部のスラッジが触媒で少なくなれば、燃焼状態が良好になり、その分省エネに繋がります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。