• 触媒技術で地球温暖化防止に貢献

先日、再生B重油とC重油の燃焼の様子を、タンクタイガーを添加していないものと比較する実験を行いました。

再生B重油では、発生する煤の量がタンクタイガーを添加したものでは少なく、添加していないものでは多くみられました。
C重油では、タンクタイガーを添加したものは火花のようにパチパチと燃える炎が見受けられました。これは、タンクタイガーを添加したことによりスラッジが分解して燃えているものと思われます。

制作:株式会社エコアドバンスジャパン
協力:大中物産株式会社