• 触媒技術で地球温暖化防止に貢献
No Image

バッテリー上がり後も何度でも再充電できるとは!新品購入コストの大幅削減に期待

仮眠後のバッテリー上がりで再充電が駄目になるたびに、新品を購入していたNタクシー会社は、バッテリー上がりにも何度も対応できるBATに驚き、即日テストを決めました。   バッテリーは何故駄目に …

続きを読む


No Image

決め手は「自社での再生作業」(ビルメンテナンス会社)

自社での再生作業が可能な上、再生する床洗浄機(ポリッシャー)を休ませることなく使用しながら再生が可能なことが導入の決め手。 しかし、重要なポイントとして、労働者の高齢化が挙げられます。 バッテリーが1 …

続きを読む


No Image

JR北海道グループ、バッテリー再生触媒BATの導入事例を追加しました

JR北海道グループのビルメンテナンス会社にて、バッテリー再生触媒「BAT」導入が決定しました。 同社所有の床洗浄機へ今月より導入します。 2011年7月全ての新購入機器には弊社触媒BATをご利用いただ …

続きを読む


No Image

田中陸運株式会社様(和歌山県)

12トンダンプで燃費向上36%   導入経緯 田中陸運株式会社様は27台のトラックを所有しており、原油高騰のあおりを受け、一ヶ月の燃料代は2008年当時で約1,000万円にもなっていました。 …

続きを読む


No Image

[ ボイラー ]昨年同月比で燃費向上26%・外資系シティホテルグループA(北海道)

燃料使用量が2008年同月比26%も削減。   一日の燃料使用量が2,800リットル / 日から730リットル / 日減少、重油価格@70円では51,000円 / 1日の経費削減です。 ビジ …

続きを読む


No Image

[ ボイラー]人体・環境汚染リスクがない成分が導入の決め手 乳製品メーカーM社(埼玉県)

CO値がゼロに。交換予定のボイラーをオーバーホールで継続使用中。             人体、環境汚染リスクのない成分だから 食品メーカー …

続きを読む