• 触媒技術で地球温暖化防止に貢献

1.コスト削減効果

 

●大幅な燃費向上性、ロングライフ性によるコスト削減

 

燃費向上による燃料費削減のほか、オイル交換回数の減少、排ガス減少に伴うさまざまなコストが削減できます。

 

【エコアドバンスオイル 5W30ユーザーの例】

 

運送業(大阪府)4トン車100台所有、燃費向上率 前年比16.1%

 

oil_sol6.JPG

 

年間合計 約7,800万円 削減

 

※1台あたり月間8,000km走行、年間96,000km走行をモデルとして弊社にて計算した金額です。

※DPF:カーボンの粉を濾過するフィルター触媒。当社オイルはこの触媒を詰まらせるカーボンが発生しないので、フィルターが長持ちします。

※尿素液:尿素の水溶液。排ガスに含まれる大気汚染物質を除去する目的で使用。排ガスにカーボンが混じっている場合にはセンサーで感知して尿素液を散布します。カーボンや大気汚染物質が少なければ尿素液の消費量も少なくなります。

 

2.車輌稼働率の向上・オイル交換管理作業の軽減

 

●18万キロ走行までオイル交換不要。他社オイル比6~12倍長寿命です

 

エコアドバンスオイルの最大の特長はその小劣化、耐久性です。通常1.5~3万キロで交換されているオイルに比べ、6~12倍長持ちします。その分、オイル交換に伴うオイル費用、オイル交換費用、オイル廃棄費用が減り、従来オイル交換で休業した車輌の稼働率も上がります。またオイル交換に要する時間分の車輌リース料・ドライバー人件費のロスを削減することにもつながります。

 

2万キロ走行で、オイル交換される鉱物油とのコスト・管理作業の差は9分の1

 

 

【エコアドバンスオイル 5W30ユーザーの例】

 

運送業(大阪府)4トン車100台所有、燃費向上率 前年比16.1%、(デジタコ装着車輛で計測)

 

oil_sol3.jpg

 

3.CO2排出量の削減

 

●燃料使用、オイル廃棄に伴うCO2排出を抑制できます。

 

燃費向上に伴い燃料使用量は削減される走行時のCO2排出のほか、オイル廃棄頻度が他社オイル利用比で1/6~1/12程度減少することから、オイル廃棄時のCO2排出が大幅に削減できます。

 

co2.jpg

 

【エコアドバンスオイル 5W30ユーザーの例】

 

運送業(北海道)4トン車100台所有、燃費向上率 前年比16.1%

 

 

年間合計 874トンCO2 / kl 削減

 

※1台あたり月間8,000km走行、年間96,000km走行をモデルとして弊社にて計算した金額です。

 

4.大気汚染物質(排ガス)排出抑制

 

●CO(一酸化炭素)、PM(Soot:すす)、NOx、SOxの生成排出を大幅に抑制します

 

■最新GTL技術で製造された、「エコアドバンスオイル」は不燃性潤滑油です。一般的にオイル内炭素分子(C)の燃焼に起因し発生する、CO(一酸化炭素)、PM(Soot:すす)、NOx、SOxの生成排出を大幅に抑制します。

 

▼燃焼性のある潤滑油を使用するデメリット▼

 

潤滑油に含まれる炭素分子(C)は、燃料内の炭素分子よりも燃えにくい性質に調整されています。

可燃性の潤滑油を使用すると、(C)分子が大きい為に次の事態が発生します。

・炭素分子が燃えにくいため不完全燃焼を起こし、多量のCO、PMが発生する。

・多量のPM発生はDPFのフィルターを早期に詰まらせ、警報を発生する。また交換メンテナンスが必要となる。

・燃え残ったCO分子を燃焼させるために、シリンダー内に大量の空気が取り込まれる → NOx、SOxの発生につながる。

・燃えやすいということは酸化しやすい、と言う事。使用しなくても長期間の保存は不向き。

・寒冷地で夏に使用した農機具、建機のオイルは翌年は酸化して使えない。

(家庭でテンプラの後短期間で変な匂いがして使えなくなります。これは酸化しているからです。酸化したオイルは潤滑油の機能を持たなくなります。)

 

5.環境汚染・環境負荷リスクが僅少

 

GTL技術で天然ガスから製造されたモーターオイルは、その90%以上の成分が食品添加物のパラフィン。

土壌汚染・水質汚染リスクが極めて少ない成分です。

 

エコアドバンスオイルは、成分の90%以上がパラフィン、つまり食品添加物で構成されています。

万が一河川・土壌に流出したとしても、そのほとんどが微生物で分解できる成分ですから、世界で最も環境汚染リスクが少ない潤滑油として認められています。