• 触媒技術で地球温暖化防止に貢献

 

「タンクタイガー PS-1シリーズ」は燃料を燃えやすく改質する触媒です。PS-1シリーズを燃料に投入すると、燃料を構成する炭素を大きな分子の塊から細かい小分子に分解する化学反応が始まります。これが遷移金属の触媒反応を利用したPS-1シリーズの働きです。小分子の燃料は今までより酸素分子と良く混合されてるため、燃焼の質が改善されます。ススの発生が抑えられ燃焼室内の環境も向上して、その相乗効果で燃費が大きく向上します。

石油燃料はタンク内で大気や水分と混ざるなどして劣化を始めます。酸化が進むとバクテリアの発生もあり、様々な悪循環が未燃焼物質となるスラッジを増加させ、燃料の劣化は燃焼の質を悪化させることになります。燃費や機器などに悪影響を及ぼします。「タンクタイガー PS-1シリーズ」は、このような悪循環を断ち切って燃料本来の性能を引きだすための触媒です。

 

大きな炭素分子の塊は不燃性物質となり、沈殿してしまいます。これでは燃料を100%使用することができません。「タンクタイガー PS-1シリーズ」との反応により、炭素分子の塊が小さくなり燃えやすくなることで、燃料を無駄なく完全燃焼させることができます。


 炭素分子の塊と燃焼 

炭素分子の燃焼については、次のような特徴があります。

燃焼し始めた炭素分子のエネルギーは、燃焼していない炭素分子にエネルギーを奪われる。奪った炭素分子が燃焼し始めるまで、エネルギーの受け渡しが続く
エネルギーを奪う炭素分子(炭素分子の塊)が大きければ大きいほど、奪うエネルギーが多量になりエネルギーの受け渡しに時間がかかる

以上のことから、エネルギーの受け渡しが終わり、残ったエネルギーがボイラーの燃焼、車輌の動力エネルギー(以下「仕事エネルギー」)に使われますが、エネルギーの受け渡しが終了するまで、仕事エネルギーとしての役目が発揮できません。各炭素分子(炭素分子の塊)が小さければ小さいほど、お互いに受け渡すエネルギー量が少なくなり、速やかに仕事エネルギーが活用できるようになります。つまり、よく燃焼するということです。

「タンクタイガー PS-1シリーズ」による燃料の微細化は密度、比重の変化で捉えることが可能です。