• 触媒技術で地球温暖化防止に貢献

 

●使用に関する質問

 

Q. ボイラーに負荷はかからないのでしょうか、燃焼によりそれらの機器が傷むことはないのでしょうか。

 

A. PS-1シリーズの効果で液体燃料の炭素分子が細かくなるだけで、燃料の総発熱量の変化はありません。このため特に異常な温度上昇はしません。排煙温度が僅か上昇することはありますが、それは今まで燃え難かった燃料分子、つまり本来燃えるべき燃料分子が燃えやすくなり、燃焼している結果です。燃料分子が微細になって、酸素と混合しやすくなれば良く燃えその分、空気量を絞ったり、燃料量を調整することで排煙温度を低下させます。その絞った差が省エネ効果となり、燃料使用量の削減につながります。

 

Q. スラッジが配管およびタンクの内部から大きく剥がれ落ちて、配管内部で詰まりを起こすことはないですか?

 

A. 一般的なスラッジは、比較的粘度の高いタール状の液体状態で堆積しています。このため固形物が「剥がれて落ちる」ということはなく、どろどろした液状で少しずつ溶け出してきます。固形物がはがれてフィルターがふさがれてしまう、ということはありませんが、粘度の高い液状スラッジが配管の途中にあるフィルター、ストレーナーの目詰まりを発生する可能性は考えられます。このため、PS-1B使用後数日間は、ストレーナーの状態を確認し、詰まっている場合には清掃していただきます。

 

Q. 火炎温度が上昇すると、NOx、SOx等大気汚染物質が増加する心配があります。

 

A. 排煙温度の上昇はごく僅かです。最適な燃焼によって排煙中のO2が消費されて、返って大気汚染物質は減少します。それはPS-1Bの燃料微細化効果で、少ない空気量で燃料を燃焼させることができます。

Q. 専用の設備や人員は必要ですか?

 

A. タンクタイガー PS-1シリーズは、燃料量に応じた適量を給油口から投入していただくだけです。使用する量は燃料量に対し1/10,000(100ppm)の量です。(※軽油用PS-1KSは1/2,000(500ppm))この量を測り投入する作業のみですので、専用の設備は必要ありません。又、攪拌設備も不要です。ボイラーで使用する際の調整については、常駐のボイラー技師の方や、ご契約先のメンテナンス会社にて行っていただけます。ボイラー調整サービスを契約されていないお客様は事前にご相談ください。

 

 

●購入方法について

 

Q. PS-1シリーズはどのようにしたら購入できますか?

 

A. 弊社特約店にてご注文を承ります。お近くの販売店をご紹介いたしますので、メールか電話にてお問い合わせください。家庭、個人使用向けのものはオンラインショップからのご注文も承ります。

●オンラインショップ 【エコマンショップ】http://ecoman.jp/

●Email: info@ecoadvancedjapan.co.jp

●電話:03-5817-4230(平日9:00~17:00)